エドワードグリーンについて

マッキントッシュ エドワードグリーン製 パンチドキャップトゥ についてのお話

今回ご紹介するのは皆様の想像するエドワードグリーンらしくない一足です。

エドワードグリーンと同じ英国の老舗ブランドマッキントッシュから発売された外羽根のパンチドキャップトゥ。

マッキントッシュエドワードグリーン製パンチドキャップトゥ

こちらはマッキントッシュでもハイエンドラインとしてリリースされた一品です。このライン、日本でもごく少量の生産だったようで、特にこちらのブラックは人気だったようです。マッキントッシュの公式ではエドワードグリーン製という明記はありませんが、以下の箇所を見ると判別はつきます。

マッキントッシュエドワードグリーン製パンチドキャップトゥ小窓

まず特徴的なのがこの小窓。普段ですとこの中にサイズ、ラストが記入されております。今回サイズ、ラストは何処へいったのかというと...

マッキントッシュエドワードグリーン製パンチドキャップトゥサイズラスト表記

タン裏にありました。癖のあるこの字体は確か工房にいる一人のおばさまが書いていたという記憶があります。ちなみに旧工場の古いものだと小窓がなく文字の癖も変わります。旧工場を買収したジョンロブと字体が近い感じですね。

エドワードグリーン判別字体

旧工場EG

エドワードグリーン旧工場判別字体ジョンロブ

ジョンロブパリ

話を戻しましましょう。判別理由としてあとはトップリフトの化粧釘でしょうか。

マッキントッシュエドワードグリーン製パンチドキャップトゥ化粧釘

この化粧釘の3本打ちもエドワードグリーン製によく見られる特徴の一つですね。更に細かな箇所で判別するのであれば「MADE IN ENG(LAND)」の刻印とトップリフトの間にやや湾曲している模様です。これは「飾り車」という工具で模様をつけていくのですが、この模様や入れ方の癖があります。日本では工具を制作していたお店が現在壊滅状態である故、靴制作、または修理の職人さんではこの工具を集めてコレクションされてる方もおられます。

やはりエドワードグリーンといえばシングルソールで内羽根の靴か、スキンステッチのドーバーという華奢でエレガントなイメージですが今回の商品はダブルソールで外羽根、それに外鳩目というカントリーなこの仕様をみて一瞬でエドワードグリーンと言い当てれる方はごく少数でしょう。しかしながら、他のカントリーシューズと一線を画す佇まいがあります。それはなぜか...

まずは202ラストより甲とつま先にかけて若干シャープにした64ラストの採用にあります。

マッキントッシュエドワードグリーン製パンチドキャップトゥ64ラスト

本来なら細く見えますが360°のストームウェルト、ダブルソール、外鳩目という屈強3点セットの採用によりボリューム感を出しているのであって、実際履くと案外スマートに履けてしまいます。

マッキントッシュエドワードグリーン製パンチドキャップトゥヒールカップ

後ろから見るとエドワードグリーンらしく、ヒートカップが小ぶりで立体的に釣り込まれていますね。

次にブローキングです。

この飾りの箇所の間隔が広かったり、パンチングを大きくするとトリッカーズを代表とするカントリーシューズのようによりカジュアルダウンした印象になります。

マッキントッシュエドワードグリーン製パンチドキャップトゥブローキング

今回の商品はカドガンやバークレー等エドワードグリーンの内羽根シングルソールと変わらないブローキングの間隔と大きさです。この控えめなブローキングによりやや華やかさを出しつつもドレス感をまとっています。

最後に挙げるとすればやはり革の上質さでしょうか。キメの細かいボックスカーフでアッパーを成型しておりますので地から湧いてくるような上質な輝きがあります。

このドレスすぎずカジュアルすぎない塩梅に仕上げることによりオンオフ問わず、気軽にどこへでも履いていこうとおもえるデイリーユースなエドワードグリーンになっております。ハ−フラバーの中でもタフな#vibram2340を貼られている点においても前所有者様も同様デイリーユースに履こうとされいたご意向が伺えます。

今回そんなレアな別注がかった一足をお求めやすい価格に見直して販売致しました。

マッキントッシュエドワードグリーン製パンチドキャップトゥサイズ7.5E

マッキントッシュ エドワードグリーン製 パンチドキャップトゥ サイズ7.5E

このミントコンディションでこのお値段は相当お買い得かと思います。気になる方はお早めに...

サイズご不安でしたら店頭にもご用意致しておりますのでお気軽にお越しくださいませ。

コメント