革靴をご購入いただいたお客様

ALDEN NSTサドルシューズ AOC-103 お買い上げ頂きました【店頭】

ALDEN NST AOC-103 を店頭にて試着、お買い上げ頂きました。誠にありがとうございます。

ご購入のNSTサドルシューズは「Alden of Carmel」別注の未使用品と希少性の高い一品です。

オールデンNSTサドルシューズAOC-103コードバン

Alden of Carmelとは米カルフォルニアにあるオールデン専門店。ここでしかない別注商品を数多くリリースしており数多くの名作を排出してきました。今回は2019年初頭にリリースされたAOC-103(ダークバーガンディAC-1)です。コードバンのカラーはナンバー8ですがかなり濃い目の個体ですね。1から育てていくこれからの経年変化も楽しみですね。

オールデンNSTサドルシューズAOC-103コードバンノルウィージャンスプリットトゥ

正面は甲からつま先にかけてY字型に伏せ縫いがされているノルウィージャンスプリットトゥ、通称「NST」。手縫いで伏せ縫いをされていています。オールデンの製造でもこの工程を行う職人がかなり限られているとのこと。高級感もありながらどこか温かみのある印象になります。

オールデンNSTサドルシューズAOC-103コードバンサイド

サイドはご覧の通り馬の鞍(saddle)のように甲からウェルトまで、革を被せたサドルシューズ仕様

オールデンNSTサドルシューズAOC-103コードバン踵

踵まで360℃ウェルトがあるのでボリューム感があります。踵のアッパーも同じくサドル仕様。前述の通りサドルシューズは馬の鞍(saddle)をモチーフにしておりますので、正に馬の革から生まれたコードバンと相性は抜群ですね。ところでサドルシューズといえば皆様思い浮かべるとすれば、

サドルシューズコンビアメリカ

このように濃淡で素材違いの2色が多いイメージかと思います。よく目にする濃淡2色素材違いは経緯上アメリカの学生間で流行し定着したもの。同色同素材はサドルシューズ発祥国のイギリスを中心に用いられている傾向にあります。ですので今回ご購入いただいたNSTサドルシューズは深堀りすると英国要素的な一面もある、と言えるでしょうか。

ご購入頂いた際、私共も偶然オールデンを履いていたので記念に3ショット。

オールデン3ショット

見事に三者三様ですね。しかしどのスタイルにもしっくりハマってしまうのがオールデンの魅力でもあります。

いつも当店をご利用いただいているご常連様ですが、今回はなんと彼女様からの誕生日プレゼント購入ということで当店をご利用して頂きました!レアな一足ですが、さらに思い入れのある特別な一足になりますね。私共も幸せな気持ちを共有させて頂きました。お二方ともいつまでも仲良くいらして下さい!

御写真ご協力ありがとうございました。また是非お時間がある際は店頭にお越しくださいませ。

当店のサドルシューズの在庫はこちら↓

オールデンサドルシューズコンビコードバンサイズ7D

オールデン サドルシューズ コンビ コードバン サイズ7D

コードバンとアルパインカーフの組み合わせ。一足で2種類のエイジングも楽しめる欲張りセットと言えるでしょうか。金の外鳩目が靴全体ををくっきりと引き立たてるアクセントが効いたSHIPS別注の名作ですね。クレープソールですので気楽に履いて頂けるかと思います。

アレンエドモンズシェルトンサドルシューズサイズ8.5D

アレンエドモンズ シェルトン サドルシューズ サイズ8.5D

個人的にサドルシューズといったらこコレ!という一足。初めてトライしたサドルシューズがこちらの「シェルトン」の先代である「ポロ」でした。ポロをアメリカ本土から引っ張ってきたのですがカビが生えて届いてきたというほろ苦い思い出もあったりします。。こちらはガラスレザーでお手入れも手軽です。ハーフラバーを装着すれば雨天用としても活躍するかと思います。お求めやすい価格に見直しておりますので気軽にトライしてみてはいかがでしょうか。(ちなみにカビなど生えていませんのでご安心下さい)

サイズ感が不安でしたら店頭にございますので、ご来店頂けると試着もできます。 是非ともご検討下さいませ。

コメント