オールデンについて

オールデン 9901 についてのお話

「ALDEN 9901」はオールデンを代表する定番の一足です。型番990とよく混合しますが。ただ違いは色というだけです。

990がバーガンディ、9901が黒ですね。色ムラやシミが気がかりであったり、オンオフでの汎用性を考えると9901になるでしょうか。

990、9901の正式名称には「CRIPPER OXFORD」と記載されております。説明が前後しますが、まず「OXFORD」は鳩目を通して紐を結ぶ靴の総称です。オックスフォードの大学生がはくことからが由来となっております。そこまで深い意味があって付けられているというわけではないようです。そして気がかりなのは「CRIPPER」という意味です。どうやらオールデンでは継ぎ目のない一枚の皮で一足を仕立てる仕様に使われる名称とのこと。

通常靴は切り返しなどは型を取り、裁断してそれをつなぎ合わせて行きますが、990、9901においては一枚革で、ミシンの縫いは基本的に型の縫い付けではなく立体感を出すための手段に過ぎないというわけです。写真で比較してみましょう

オールデン9901コードバンプレーントゥブラッククリッパーオックスフォード比較

こちらが一般的な複数枚で型を取って縫い合わせたもの。

オールデン9901コードバンプレーントゥブラッククリッパーオックスフォード比較2

そしてこちらが9901クリッパー。

写真から見ても分かる通り、クリッパーは一枚革を贅沢に使用しています。恐らくクリッパーと呼ばれるようになったのは、19世紀中ごろまで存在したクリッパー船から由来している物だと思います。このクリッパー船は大きな横帆を備えていましたので、それを一枚革となぞらえて呼び始めたのではないかと推察しています。

9901は不変の定番デザインであること、扱いやすい黒でもあることから一度購入するとずっと持っておきたくなる逸品です。そのため履き込まれることが多く、案外状態のいい物はそこまで多くありません。当店では現在履いて未使用〜数回程度と状態の良い物を取り揃えております。

オールデン9901プレーントゥコードバンサイズ6D

オールデン 9901 プレーントゥ コードバン サイズ6D

前述で紹介した9901。こちらは使用1~2回程度の極上品。このあたりのサイズはあまり見かけませんね。

 

オールデン95311ミリタリーラストプレーントゥコードバンWILDLIFETAILOR別注アダムエロペサイズ6.5D

オールデン 95311 ミリタリーラスト プレーントゥ コードバン WILD LIFE TAILOR 別注 アダムエロペ サイズ6.5D

9901はバリーラストですがこちらはミリタリーラスト。甲が低めに設定されているので甲がある方はバリーラストよりハーフアップを推奨しています。ミリタリーラストのプレーントゥコードバンはなかなか希少です。使用数回程度

 

オールデン9909プレーントゥブラックカーフバリーラストbeamsplus別注サイズ6.5D

オールデン 9909 プレーントゥ ブラック カーフ バリーラスト beams plus 別注 サイズ6.5D

こちらは外鳩目仕様で9901よりも輪郭がくっきりとした印象になっております。カーフですのでコードバンの手入れが面倒、雨でもあまり気にせず履きたいという方にはこちらがオススメです。試し履きのみの未使用品。

サイズ感が不安でしたら店頭にございますので、ご来店頂けると試着もできます。 是非ともご検討下さいませ。

コメント