国産靴について

バーバリー 大塚製靴製についてのお話

かれこれ7年前まで日本最古の洋靴メーカーである大塚製靴はバーバリーとライセンス契約を結び生産を行っておりました。しかしながら、現在バーバリーは日本独自のライセンス展開商品はすべて廃止されております。記憶に新しいのは、三陽商会が若年層向けに展開していた「バーバリーブラックレーベル」、「バーバリーブルーレーベル」のライセンス終了ですね。現在は「ブラックレーベル・クレストブリッジ」「ブルーレーベル・クレストブリッジ」という名前に衣替えされて継続されています。大塚製靴に関しては1984年〜2012年までおよそ30年近くライセンス契約を結んでおりました。

バーバリーがライセンス契約を立て続けて終了したのは、本国の英国バーバリー社が高級感あるブランドイメージの低下を恐れ直営化を推し進めたからです。確かに他国のライセンス商品の安くて品質の悪い物はあったようです、がここは日本。なんとか手が出せる日本のランセンス品の方が、手の届かない英国製よりも縫製やパターンは飛びぬけていたなんて話も耳にします。靴も例外ではなく、当時大塚製靴で生産されていたライセンス品はとっても真面目に作られています。

バーバリー大塚製靴製インペリアルグレード

実際、靴においても大塚製靴生産のほうが現行の直営モデルと比べより足に合う木型も採用されていますし作り込みも丁寧です。無論こちらの方がより手間も技術もかかっています。当時これを4万円で販売されていてかつライセンス料を考えると(涙)、、ですね。

現在の直営モデルが全部よくないかといわれるとそれまた違う気がします。現在の直営モデルの靴はよりモダンな形で、よりユーモアのあるラインナップが多いことは確か。ですのでこれをよしするか否かは我々消費者が何に重きを置いてるかということ。単純に言えば好き好きです(笑)

話を戻しましょう。現在のところ、大塚製靴製かどうかの判別方法としてライニングに"BU(4ケタ数字) + (センチ表記)"の表記があれば大塚製靴製であると仮定しております。

バーバリー大塚製靴製インペリアルグレード判別

それかつソックシート、またはソールに「Imperial Grade」の明記もあれば大塚製靴とみて間違いないと思います。

バーバリー大塚製靴製インペリアルグレード未使用品判別ソックシート

バーバリー大塚製靴製についてはこれから中古でも見かけなくなっていくのは間違いでしょう。これから希少性がますます高まっていくと思われます。

現在そんなバーバリー大塚製靴製、最上級ラインに値する、「インペリアルグレード」が未使用品で当店にございます。

バーバリー 大塚製靴製 インペリアルグレード  未使用品 サイズ24EEE

バーバリー 大塚製靴製 インペリアルグレード  未使用品 サイズ24EEE

サイズ感が不安でしたら店頭にございますので、ご来店頂けると試着もできます。生産終了から7年経過した商品の未使用品をこのお値段で手に入れることができることはめったに無い機会です。是非ご検討下さいませ。

コメント