革靴倶楽部

Brass shoe co. サービスシューズ のご紹介【お客様のあしもと】

先日、ミュージシャンのナカヒラミキヒト様がご来店して下さいました。

stetsonステットソン

被り物は40年代のステットソンの極上ハット...!さらっと着こなすのがとっても素敵です。

私もステットソン探していますが、出回ってる物はかなりサイズの小さい物ばかりで意外と見つからないんですよね。

 

そして足元は

Brass shoe co.ブラス

Brass shoe co. サービスシューズ

ブラスさんの靴以前から気になっていたのですが、この度実物を初めて拝見しました。

革はとても肉厚で、恐らくブーツでよく用いられるものではないかと思います。

インソックも剥がれないよう境が漉かれていたり、ハーフラバーも段差にならないような仕上がりでとても丁寧です。

そしてハーフラバーに釘打ちやオサリバンヒールで1970年代以前のアメリカ靴の意図が汲まれています。

そして内振りのラストは釣り込み技術が無いとここまで丁寧に仕上がらない筈。

(内部などもっと詳しく撮っておけばよかったと執筆しながら後悔中です...)

 

ライブ前に気合を入れたいということで、そんな素晴らしい一足を全体ケア+つま先鏡面に仕上げさせて頂きました。

これでライブ大成功間違いなしだと思います!

遠方からお越しいただきありがとうございました。

広島に来る機会がございましたら、また店頭にお越しくださいませ。

コメント