革靴倶楽部

梅雨時期の靴選び

やってまいりました。我々の敵ともいえる、梅雨シーズンが到来です。

東日本は全域梅雨入りが発表されたようですね。こちら広島はまだ梅雨入り発表されていませんが、昨日今日と雨が降り続いておりますので発表秒読みというところでしょうか。

 

この時期の靴選びに悩まれる方は多いのではないでしょうか。

スムースレザーは雨に打たれると銀浮きしやすかったり、乾燥するとひび割れの原因になるのでアフターケアが必須で面倒。防水スプレーをかけたとしても本来のスムースレザーの質感よりも曇ってしまい雰囲気を損ねかねません。かといって冬に履くオイルドレザーのブーツは脱ぎ履きが面倒ですし、如何せん蒸れやすい。

 

そんな悩める梅雨の足元にオススメなのがスエードのチャッカブーツです。

梅雨スエードチャッカブーツ

 

スエードは雨に弱いという意見はありますが全くもって誤解!!

寧ろスエードは起毛によって表面張力が働き革内部まで雨が浸透しにくい素材です。

それに加え、スエードは革の表(銀面)ではなく裏(床面)を起毛させ、真逆にひっくり返して使用されている革です。

革の構造で一番丈夫でひび割れが起きやすいのは表(銀面)です。スエードはこれを裏面にしていますので、雨に打たれても銀面までたどり着くことは少なく、ひび割れのリスクが軽減されます。

 

ケアも基本はブラッシングと防水スプレーだけですのでスムースレザーよりもとってもお手軽です。

梅雨スエードチャッカブーツケア

少し色あせが気になったらブラッシングのちスエード保革用のスプレーを吹きかけると長持ちしますし質感も戻ります。

次に、形としてチャッカブーツがオススメな理由はその丈感です。

短靴ですと雨の跳ね返りで裾や靴下が濡れやすい。かといって丈の長い6ホール以上のブーツだと前述したとおり脱ぎ履きが面倒ですし、蒸れやすい。

チャッカブーツはその両者の間にあたる丈感。裾や靴下が濡れにくく、脱ぎ履きが容易でそこまで蒸れません。

また、足首が隠れるぐらいの丈感ですので足元がスマートに見えます。そのためスラックスにも合わせやすく、ジャケパンスタイルを始めとするビジネスカジュアルコーデとの相性が抜群です。

 

 

ラスタイルでは現在スエードのチャッカブーツを多数ご用意しております。

 

スコッチグレイン T0164 チャッカーブーツ ダークブラウン ラバーソール サイズ25.5

スコッチグレイン T0164 チャッカーブーツ ダークブラウン ラバーソール サイズ25.5

 

チャーチ RYDER(ライダー) チャッカーブーツ サイズ7.5F

チャーチ RYDER(ライダー) チャッカーブーツ サイズ7.5F

 

クロケット&ジョーンズ Chiltern スエード チャッカーブーツ ラバーソール サイズ7E

クロケット&ジョーンズ Chiltern スエード チャッカーブーツ ラバーソール サイズ7E

 

変わり種ですとこちらもおススメです。

オールデン 91702 ジョージブーツ ヌバック サイズ7.5D

オールデン 91702 ジョージブーツ ヌバック サイズ7.5D

 

ヌバックも雨には強い部類です。オイルアップされていますので撥水性もあります。

(実はあともう2足ご紹介したいスエードチャッカブーツがございます。販売用ページに用意出来次第追記致します)。

06/22追記:以下2足追加致しました。

スコッチグレイン T0164 チャッカーブーツ ブラック ラバーソール サイズ25.5

スコッチグレイン T0164 チャッカーブーツ ブラック ラバーソール サイズ25.5

クラークス UK イギリス製 デザートブーツ デッドストック サイズ6F

クラークス UK イギリス製 デザートブーツ デッドストック サイズ6F

 

雨の日は私共もよく履いております。まさに今日は偶然かぶりました。

 

 

お近くでしたら是非店頭にもお越し下しませ。

コメント