国産靴について

マドラス 内羽根プレーントゥ ビンテージ品 についてのお話

お久しぶりです。店頭や出品作業忙しくブログ更新が疎かになっておりました...月が変わり12月心機一転また気合いれて投稿させていただきます!ということで久々の記事は個人的にかなり一押しな商品のご紹介です。

マドラス内羽根プレーントゥビンテージサイズ7

マドラス 内羽根プレーントゥ ビンテージ サイズ7

マドラスといえばイタリア発祥(※現在は日本メーカーに商権を譲渡)ということもあって、アッパーにムラ染めやパティーヌ施し、つま先のノーズもやや長めに取られる靴を求めやすい価格帯で提供しているというのが一般的な見解かと思います。しかしながら今回の一足はそのイメージを拭い去るかのような驚くべき一足です。

マドラス内羽根プレーントゥビンテージノーズ

ノーズが短いトゥ周りはブリティッシュな印象もあります。ノーズが短いとボテっしそうですが、コバも薄めにかつ飾りもないのでスマートに見えます。革質は一見ガラス仕上げにみえますが、薄くとてもキメの細かいカーフです。正直ここまでの革は現行では一流どころのビスポークでしか見れないような極上の質です。

アッパーの切り返しには革の切り替えしにステッチを見せないよう隠す「レベルソ仕上げ」が施されています。ステッチが隠れることによって切り返しのラインが非常に綺麗でエレガントに見える手間のかかる仕上げですね。現在でも一部のマドラス商品にはこの仕上げが用いられています。

マドラス内羽根プレーントゥヒール

ヒールは現在の平均的な高さより1cm近く高く設定されています。ヴィンテージの英国ドレスシューズでも同様の仕様がよく見受けられます。どの時期を堺に現在の高さに落ち着いたのか気になるところです。

ソールは途中からシングルからダブルに切り替わるハーフミッドソール。有名所ではエドワードグリーンのドーバーが採用しています。ダブルソールの耐久面良さとダイレクト感の軽減をしつつシングルソールのエレガントさもある程度演出できる絶妙な塩梅の仕上げ方です。ドーバーがオンオフどちらでも行ける理由の一つにこの仕上げ方が影響しているかと思います。

 

※ #madras #vintage  高めのヒールにレベルソ仕上げ  時代に取り残された旧い靴というよりもやっと今、この靴に時代が追いついたという方が正しい気がします。  サイズ7表記  買取査定をご希望の方はこちらのインスタグラムでもお受けしております。管理画面右上のboxマークをタップして@lastyle.shoes 宛にダイレクトメッセージでご希望の商品ご送信ください。  #alden #johnlobb #JMweston #edwardgreen #paraboots #churchs #trickers #足元倶楽部 #足元くらぶ #断然革靴派 #オールデン #ジョンロブ #jmウエストン #エドワードグリーン #パラブーツ #チャーチ #トリッカーズ #カルミナ #マドラス #shoesaddict #shoestagram  #革靴買取専門店 #lastyleshoes

革靴専門店 Lastyle《ラスタイル》(@lastyle.shoes)がシェアした投稿 -

ここまでの作り込み、品質を今の時代に作ろうと思うととてつもない金額になります。それを手軽に味わえるのがヴィンテージドレスシューズの魅力ですね。かといってこの靴は古臭さがなく寧ろ比較的最近ブランドをスタートした「レユッカス」を始め、ヒールがやや高めで少し華やかさのあるドレスシューズに非常に近い印象。時代に取り残された靴ではなく寧ろ時代がこの靴に追いついたという方がいいのではないか、なんて勝手に思っています。

こちらサイズ7表記で、24.5〜25cmやや甲高めの設定になります。店頭に展示している数ある靴の中でもこのヴィンテージマドラスは独特なオーラを放っています。サイズ合いそうな方いらっしゃいましたら是非ともご検討下さいませ。

コメント