新入荷の革靴ご案内

100日の試練を乗り越えたレユッカスのレースアップブーツ

今週の入荷商品の中で一際異彩な経緯を持つ商品があります。それがこちら

レユッカスというブランド自体あまり聞き馴染みのない方が多いかと思います。レユッカスはヴィヴィアンウエストウッド、ジャンフランコフェレ、マックス & コー等数々の有名ブランドのシューズデザインを手掛けてきた村瀬由香氏がオーセンティックモダンをテーマに立ち上げたブランドです。製造はイタリアの名門、エンツォボナフェが手掛けております。
レユッカスの靴はメンズウィメンズ両方とも展開していますが華奢でどこか中性的なルックス。本格紳士靴のなかでも独自のアプローチを持った靴が多いですね。今回の商品はレユッカスとしては雄々しい仕上がりになっております。
別注をかけたのは南青山のセレクトショップ「Atelier Historic Instruments」。他のセレクトショップとは異なる路線を行く知る人ぞ知る名店です。

こちらはスティーブマックイーンが映画「大脱走」にて履いていたUS NAVY M-1943 TYPE轡薀侫▲Ε肇屐璽弔鬟ぅ瓠璽犬靴謄譽罐奪スに別注をかけられたもの。納品された際、もっとマックイーンらしくボロボロしたものでも、ということで7月からなんと100日間ビルの屋上に放置。もちろん炎天下、そして雨天だろうが台風が来ても…!!100日の試練を乗り越えたブーツ、それにはもちろん日焼け、毛羽立ち、そして個体にによってはカビも生えたエイジングを果たしたようです。
さすがにこのまま店頭に売り出すのはということでケアを施すことに。シューケアの依頼先はカウンター靴磨きの先駆者であるBriht Hの長谷川氏に依頼。カビ等の除菌、汚れ落としをし最後はミンクオイルスプレーでスエードを保湿保革。
あえてスエードスプレーではなかったのはこの靴の荒々しい雰囲気に合わせての仕上げかとおもいます。コバもあえて補色などはしていないようですね。アテリエさんのブログ記事を拝見するまで私はこのブーツのスエードは少しもちってしているようでなにかなと思っていましたがその疑問がようやく解決しました。

さてこちらの靴の誕生までの前置きが長くなりました(これでも端折ったほうですが...)詳しい仕様を見ていきましょう。
レユッカスY18911modレースアップブーツスエードAtelier別注全体
全体はスエード、コバ周りは既に例の試練にて若干黒ずんでいたり。前述の通りミンクオイルスプレーが元々塗布されていましたので通常のスエードよりさらにもう少し弾力があるような質感。アイレット周りを見ていくとハトメはM-1943 TYPE靴肪藜造縫螢戰奪藩りの仕様。外鳩目、リベットともにゴールドと少し華やかな印象。サビが生えている箇所もあります。
シューレースは本来は派手めな水色のクライミングロープだったのですが、前所有者様が使いやすい色味ように別のシューレースに交換されています。そのシューレースも定価1200円程する蜜蝋引きの紗乃織靴紐(さのはたくつひも)と拘りの仕様になっております。
もしもとのオジリナルの風合いが良いという方はアウトドア用のロープ(パラコード等)から探されると見つかると思います。
レユッカスY18911modレースアップブーツスエードAtelier別注ヒールカップ
ヒールカップまわりは荒々しさが一段とでております。若干スエードの表面の剥がれも起きている箇所もあります。ラフアウト化されたの向こう側の領域です。コバもいい具合に荒れています。このあたりはもう少し綺麗に仕上げようとすれば思えばできますが、それをこの靴に行うのはナンセンスかなと。

ソールの仕様もまた凝っています。
レユッカスY18911modレースアップブーツスエードAtelier別注ソール
ソールはビブラムのコマンドソール(動画ではタンクソールと言い間違えてますね...)ゴールドの外鳩目と相まってよりラギットな印象になります。このコマンドソール、よーくみてみると出し縫いがかかっている縁にかけて小さな模様があります。恐らくこれは滑り止めを目的としているもの。通常のビブラムコマンドソールのラインナップにはない仕様なのでこのソール自体もビブラムに別注をかけたものではないかと思います。

殆ど見えない箇所の説明となりますが製法はブラックラピド製法。こちらも聞き馴染みのないという方が多いかもしれませんが、簡単に説明するとミッドソールをウェルト代わりに使用する製法。個人的にはグッドイヤーよりも普及してほしいと思う製法です。
若干デザインの制約は付きますがそれはグッドイヤーウェルトも同じ。リブテープがない分返りも初めからかえりもよく、履き込んでも中底が交換が可能という点が非常に大きいです。
中物を詰める許容範囲が少ないので、履き込んでも沈み込みが起きにくいのでサイズを攻めすぎないように注意です。
ちなみにこちらのレユッカス、例の試練にてアッパーの縮みが起きておりサイズ表記よりもかなり実際のサイズ感は小さくなっています。アテリエさんの記事でも縮みの旨を明記していましたが小さくても表記よりハーフサイズ行かないほどということでした。今回当店が入荷したモデルはもしかすると縮みの個体差が出たものかもしれません。
おおよそにはなりますがオールデンのバリーラストで7.5〜8D、パラブーツシャンボードで6.5〜7Fを履かれている方が適合するとおもいます。但し先述の通りブラックラピド製法で初めから返りもよく、沈み込みも起きにくいこと、それにブーツということで厚手の靴を履く想定もありますのでどちらかというとバリーラストで7.5、シャンボードで6.5寄りの方のほうがいいかもしれません。

このように非常に挑戦的な一足は保守的な傾向になりがちなミリタリー系のブーツの中でも非常に刺激的。そういう意味ではレユッカスのらしさも現れたんじゃないかなあなんて勝手に思っています。元々リリース自体も絞られていたものでそうそう出回るものではありません。サイズ合いそうな方はお早めにご検討下さいませ。

 

新入荷の革靴ご案内

【毎週火曜日21時はラスタイルの日】

いつもご覧頂きありがとうございます。毎週火曜日21時はオンラインショップ更新日です。
今回は皆様探されている方も多いエドワードグリーンドーバー、旧工場製のもの、定番のトリッカーズカントリー、レアなクリルプ別注品。それから渋い色のクロケット&ジョーンズ等、ABランク〜Sランクまで出品予定です。
定番モデルから渋さの光るレアモデルまで高画質画像と商品説明動画をご覧いただきながらご検討いただければ幸いです。

新着トップページよりご覧いただけます。よろしくお願い申し上げ申し上げます。

新入荷の革靴ご案内

レディースシューズの革靴販売強化致します。

これまで当店は高級紳士靴という販売に重きをおいていましたが、これまでたくさんご来店頂きましたお客様の声、収集したデータを元に紳士靴ライクなレディースシューズの取り扱いをこれまで以上に強化することと致しました。新たに販売追加しましたレディースシューズのご紹介をさせて頂きます。

チャーチShannon WR【シャノンII】プレーントゥレディースブラックサイズ35

チャーチ Shannon WR【シャノン II】 プレーントゥ レディース ブラック サイズ35

まずは定番のチャーチから。ラバーソール×ポリッシュドバインダーカーフの組み合わせで雨天も気にならない仕様。フォーマルなスタイルにももちろん合いますが、ふんわりとしたワンピースなどにも合わせると可愛らしいスタイルが演出できます。非常に汎用性が高く、持ってて間違いなしな一足です。

 

チャーチBURWOODW3【バーウッド】ウィングチップレディースサイズ37.5

チャーチ BURWOOD W3【バーウッド】ウィングチップ レディース サイズ37.5

こちらは通常のバーウィッドよりもやや細身のラストでレザーソールの仕様になっているW3モデル。ラストも通常のバーウッドよりも細身ですのでハーフサイズアップしたほうがいいかもしれません。使用されている革は非常に足当たりがよく。見た目のフォルム以上に気楽に履いて頂けます。今まで白のスニーカーで合わせていたコーデにそのままはめ込んでもみると華やかでありながらも足元が締まります。

 

パラブーツVOGUE【ヴォーグ】ダブルモンクレディースウィリアムサイズ4.5F

パラブーツ VOGUE【ヴォーグ】ダブルモンク レディース ウィリアム サイズ4.5F

パラブーツのダブルモンクはメンズラインですとウィリアムという名前ですがレディースサイズになりますと「VOGUE(ヴォーグ)」という名称に変わります。靴下やデニムとも相性はもちろんですが、これからの時期、ウールタイツと今年流行の兆しがあるタータンチェックの巻きスカートとの組み合わせもバッチリです!

 

ランコートコインローファーサドルレディースサイズ5.5D

ランコート コインローファー サドル レディース  サイズ5.5D

あまり聞き馴染みはないかもしれませんが、ラルフローレン、ブルックスブラザーズ、アレンエドモンズといった名だたる老舗英国ブランドのモカシンシューズを長年手掛けてきたメーカーです。ランコートとしてオリジナルブランドを立ち上げたのは2011年と最近。実力は申し分ありませんのでこれからどうなっていくか非常に楽しみなブランドです。サイズは5.5D(23.5cm)ですが表記よりも小さめの印象。

ビューティフルシューズプレーントゥレディースsheepsilky竹ヶ原敏之介サイズ5.5

ビューティフルシューズ プレーントゥ  レディース sheep silky 竹ヶ原敏之介 サイズ5.5

フットザコーチャー等を手掛ける竹ヶ原敏之介氏が立ち上げたレディースシューズブランド。今年このビューティフルシューズのワラーチサンダルがちょっとしたブームになりましたね。オールデンのモディファイドラストのような内振りでありながらホワイツのようなヒールの曲線。そしてシープシルキーというインド産シープにスイス製染料で仕上げた足当たりの柔らかいシープシルキーによって美しさと履き着心地のよさの両立を実現しています。また踵内側をサイドゴア仕様にすることで足入れも容易と実用性も高いという、全てを計算して考えられた逸品です。

 

メンズライクなレディースシューズは球数が少ないため、品数が増えにくいのが正直なところです。もし環境が変わった、好みが変わってしまった等で履かなくなりましたレディースサイズがございましたらお気軽に買取サイトにてお見積もり下さいませ。買取強化致しておりますので精一杯の金額はご提示させていただきます。

店頭でも買取、販売行っております。現在店頭ではセールも行っておりますのでお買い得商品目白押しです。是非お近くでしたら当店までお越しくださいませ。

新入荷の革靴ご案内

ステファノベーメルについてのお話

ステファノベーメルはイタリアフィレンツェに工房を構えるシューメーカー。工房はビスポークのみですが既製もまた素晴らしく、ビスポーク並みの立体感と履き心地が備わっております。詳しく見ていきましょう。

ステファノベーメル2アイレットプレーントゥ甲

まず甲の立ち上がりが内振り気味の立体的なラストです。付属の専用シューツリーで見るとさらにわかりやすいかと思います。

ステファノ ベーメル 2アイレット プレーントゥシューツリー

今回ご紹介するモデルではボールジョイントからつま先まではノルウィージャン製法にも見えるステッチが入っています。

ステファノベーメル2アイレットプレーントゥステッチ

装飾というのがメインだと思われますが実はこのステッチは手縫いでアッパー、さらに中底まで縫い込んであったりと手間をかけるのが大好きなんじゃないかってぐらいわざわざ手間をかけています。アッパーに関してシワの入り自体はやや大味で好みが分かれるところですが、とても繊維密度が高くコシのある革が使われています。耐久性も高そうですし、ブラッシングすればすぐ光沢感を出すことができます。

次に踵周りを見ていきましょう。

ステファノベーメル2アイレットプレーントゥソールカカト

底から見ると踵周りはやや大きめに取られています。しかしながら踏まずにかけて絞りこんである点と、芯を大きく包み込むように取り入れることにより足入れしやすく楽な靴なのに、踵が抜けにくいという不思議な感覚を体感できます。

踵後部の仕上げはシームレスヒール

ステファノベーメル2アイレットプレーントゥシームレスヒール

その名の通りつなぎ目の無い踵で仕上げられています。ドックテール等の一般的な踵周りと機能的には違いはありませんが、その切り込みも何もない美しいディティールには技術的にも価値があります。シームレスヒールは釣り込み技術が非常に難しく、下手をすれば、ドックテールより踵周りの釣り込みが甘くなるという諸刃の剣。まさに職人技術の結晶の上に成り立っている仕様ともいえます。現在既製で生産されているシームレスヒールの代表格といえばジョンロブのフィリップ2でしょうか。

ジョンロブフィリップ2シームレスヒール比較

フィリップ2を始めとするジョンロブプレステージラインの代表とも言える仕様ですが、この仕上げを得意としていたのが今は亡き「BONORA(ボノーラ)」というイタリアの小さなメーカーです。ボノーラは過去にジョンロブのプレステージラインのOEM生産をしており、その技術指導をしていたとも言われています。この経緯からも、シームレスヒールはイタリア意匠であることが伺えます。

前述したとおり、既製は工房ではなく別工場製となりますが、工房のビスポークでは3人の日本人が勤務されており、ステファノべメール氏が逝去してからは特にこの内の勤務歴の長いお二方が中心となって現在の工房の靴作りをされているようです。すなわちビスポークは「made in Italy」でありながら「made in Japanese」と言っても過言ではないかもしれません。既製はどうかは不明なのですが、出し縫い糸に関しては日本製をチョイスしているのだそうです。

ステファノ・ベーメルに関して唯一欠点があるとすれば、トップリフトの耐久性でしょうか。

このようにトップリフトのゴム部分の加水分解がよく起きます。現行の商品に関しては不明ですが、年数がある程度経っているべメールのトップリフトのウレタンゴム部分がオリジナルだと大抵ボロボロになっています。当時取り寄せていたトップリフト資材のメーカーがあまりよくなかったか、本国イタリアの湿度が低いため、わざわざ湿度を気にするような材料を用いていなかったという考え方もありえます。ちなみに経験上、同じイタリアのタニノクリスチーも同様の現象が頻発します。

トップリフトを交換するとなると、通常リフト全体ごと交換になります。しかし当店ではウレタンゴム部分のみの交換をさせて頂きました。

こちらのほうがより手間もかかりますが、できる限りトップリフトもオリジナルの状態を残したかったので、信頼できる修理屋さんと蜜にコミュニケーションをとりながら丁寧に修理して頂きました。これで欠点も補完された完璧な一足となりました!今回の執筆にあたって、修理もケアも仕上げ直して再販致しました。

ステファノベーメル2アイレットプレーントゥ純正ツリーボックス付サイズ39

ステファノ ベーメル 2アイレット プレーントゥ 純正ツリー ボックス付 サイズ39

こちらの一足、サイズ感についてですが、足長左右平均25.2cm B〜Cウィズ相当の私の足ですと

左右とも足入れ甲がややゆったりでありながらも他はジャスト。踵浮きなし、羽根閉切といった具合です。感覚的にはVASSのKラストのサイズ39に似ています、、、といってもなかなかVASSもマイナーな部類にあたりますので他の代表的な靴のサイズ感を記載しておきます。

Edward Green 202ラスト 6.5E(踵やや緩め内羽根閉)

Edward Green 82ラスト 6.5E(ジャスト内羽根閉)

Edward Green 808ラスト 7D(ジャスト羽根開10mm)

John Lobb 7000ラスト 6.5E(踵やや緩め内羽根閉)

John Lobb 8965ラスト 6.5E(ジャスト内羽根閉)

JMウエストン GOLF 6C(ジャスト羽根開5mm)

Alden バリーラスト 7D (ジャスト内羽根開5mm)

Alden モディファイドラスト 6.5(ジャスト外羽根開10mm)

三陽山長 2010ラスト 7(踵やや緩め内羽根閉)

クレマチス銀座 既成ライン 6.5(ボールジョイントタイト目内羽根閉)

KOKON KO-N1ラスト 7(ジャスト内羽根閉)

rendo 845ラスト 7(ジャスト内羽根開10mm)。

以上ご参考になれば幸いです。

サイズ感が不安でしたら店頭にございますので、ご来店頂けると試着もできます。

この熱のこもったべメールの意匠、是非とも購入ご検討下さい。

1